HOTEL VIVA la HOLIDAY

CLIANT

株式会社アンティローザ

PLACE

ラスカ茅ヶ崎(JR駅ビル内)

REQUEST

雑貨・アパレル

SPACE

60㎡

施工:
 ハコリ
01

HOTEL VIVA la HOLIDAYをつくることになったきっかけは

ちょうど1年前に、同じビルでアンティローザさんの内装をお手伝いさせて頂いた流れで今回お声がけ頂きました。 別階にHOLYDAYというアンティローザさんのメインブランドがあり、好評をうけ、雑貨・ギフトなどをラインにいれたお店をつられるということで施工のお声がけを頂きました。
02

HOTEL VIVA la HOLIDAYはどんなお店?

“アメリカ西海岸のとある街にたたずむ架空のホテルの中のショップ”をコンセプトに、リラックス感のある開放的な空間にアートやグリーンを取り入れたインテリアとギフトがラインナップされています。イヤリングなのも小物から流行りの多肉植物、アロマキャンドルなど見ても手にとってもおしゃれで日常使いできそうなものも多いです。 内装はサンライズ・サンセットをイメージさせる鮮やかなオレンジとブルーの壁が左官で塗られていたり、西海岸をイメージさせる優しい木がデザインされて貼られている壁がアクセントになっています。
03

お店を作っていく上で、どんな工夫や試行錯誤があったか?

今回は工期が非常にタイトで、工事も夜間に限られていたので、いかに事前準備をしっかりして工事に乗り込むかというところを意識しました。 50%くらい原状回復された状態でしたので、途中でばっさりフローリングが切られていたりと収まりの部分をどうするかを試行錯誤して進めました。勾配があるところに家具を納めるためにアジャスターや底面の作り方を工夫をしたり、木の板を細かく刻んでデザインを入れて貼っていく作業が難易度が高かったなと思います。
04

最後に感想

驚くくらいタイトだったので、予定の工程通りお引き渡しをして、オープンができて本当によかったです。1日工事がずれたら、、、という状態だったで緊張感のある現場でした。 アンティローザさん自体も雑貨・ギフトのお店は新しいチャレンジの1店舗目だったのでお店が開けて、好調ということを聞けてとても嬉しいです。 色鮮やかなジョリパット(左官屋さん)や繊細な板貼りなど職人さんの高度な技術が光った現場でした!
CATEGORIES: 家具, 店舗