代表取締役

加賀山 薫

1986年生まれ。東京都足立区出身。新卒で47株式会社入社。不動産のオフィス仲介業にてチームラボなどベンチャー企業の移転サポートを7年間経験。2014年12月、株式会社ハコリを設立し、ものづくりをするため足立区に工場を借りる。人口が減り、遊休不動産が増え、目まぐるしいスピードで変わる日本の環境に対して、HAKOをRe(変える)ことでヒトとマチを元気にするという想いをもって現在の仕事に取り組んでいる。

設計・現場管理

財間 一樹

1982年生まれ。島根県出身。不動産デベロッパーでエンド営業、開発事業を経て、設計事務所で新築マンションや商業施設の新築・改修の設計・監理を経験。その後、リフォーム業界で住宅のリノベーションの設計・監理に携わる。自分でも現場で手を動かしたいと思い、設計・管理・現場作業を一貫してできるハコリに2017年入社。ハコリのつくるものに関わる人達のライフスタイルが有意義なものになるような空間づくりを目指します。ハコリでは設計から現場管理をすべて行う。

設計・現場管理

行方 綾

1992年生まれ。東京都足立区出身。二級建築士。高校卒業後、原状回復工事業者に入社。単純な原状回復ではなく、自身でデザインし物件に付加価値を付けたいというお想いで建築専門学校に入学。卒業後、乃村工藝社のグループ会社に入社。大手飲食店等の設計業務に従事。2015年に代表と出会い、考えに共感しハコリに入社。ハコリでは内装の設計・デザイン・現場管理を一貫して行っている。爽やかな鋭いツッコミを入れることから職人さんからは“スマイルデビル”、“爽やかな鬼”と呼ばれている。

家具担当

長野 沙弥佳

1988年生まれ。埼玉県川越市出身。前職の印刷会社での編集・制作業務を経て、もっと人々の暮らしや環境を豊かにする空間をつくりたいと考えていた時に、知人を通じて代表と知り合いハコリに入社。ハコリでは家具の設計・製作管理をメインで担当し、大学時代に油彩画を専攻していた経験を活かして内装の手描きパースと現場作業も行う。日々、全力で吸収しながら成長中。あだ名はまめちゃん。紅一点な現場でも体力と根気は人一倍。

バックオフィス

斉藤 加奈子

1986年生まれ。千葉県茂原市出身。3歳の子どもを持つワーキングマザー。大手広告会社の営業を経て、転職後IT会社のWEBディレクション経験。ハコリの主催するガレージでのDIYワークショップに参加してから「ものづくり」の楽しさを知り、2016年からインテリアの専門学校に入学。在学中からハコリの業務を手伝い始め2017年6月に入社。ハコリではインテリアコーディネート、CADでの図面の製作、発注業務など幅広く業務を担当。